スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中西部4月部活動(ガラス吹き体験)・・・前編

本日の悪天候はなんぢゃいな(>ω<;)

昨日のOFFは、部員に召集をかけ吹きガラスの体験にいってきました。

昨年もおぢゃました、甲山ガラス工房さんへ(Click!!)

昨年作ったのはコチラ↓

RIMG1038_convert_20120403162929.jpg


到着して、色見本や形見本を見てどんな物にしたいかを考えます。

RIMG1161_convert_20120403163930.jpg

そして、色を縦に入れたいのか・横なのか・スパイラルなのか・ランダムなのかをご相談。

RIMG1064_convert_20120403163119.jpg


その後、一通りの流れ&デモをしていただきます。

はい、ここに話聞いていない部員がおります。

彼女はこの後話聞いてなかったバチがあたり、神を困らす事をしでかす。

RIMG1041_convert_20120403163006.jpg


今回は4人で伺ったので2人づつ2チームに分かれて体験します。

炉も2つ火が入り、暑いの暑くないのって・・・。とにかく暑いんです。

なんにもしなくったって、汗がいたるところから流れてきます(-""-;)

そんな工房内には、ツバメのご夫婦が御殿を構えておられました( ̄▽+ ̄*)

DSC_0675_convert_20120403162359.jpg



こんなにあったかかったら、スゴク早く卵が孵化しちゃうんぢゃぁ・・・。

では、体験開始っ!!

棒の先をあらかじめ温めておき、1300℃でドロドロになったガラスを絡め取ります。

DSC_0565_convert_20120403162158.jpg


RIMG1073_convert_20120403163152.jpg

取り出して、少し温度が下がるまで休まず棒をクルクル回し形を整えたら、息を入れます。

RIMG1119_convert_20120403163540.jpg


プクっと先が出たのがわかりますでしょうか??

RIMG1120_convert_20120403163621.jpg


イメージでは、「プーーーーーッ!!」っと勢い良く吹くのでは?

と、昨年した時に思っていたのですが・・・。

一気にいってしまうと、ブハッと膨らんで割れてしまします。

同じ調子の息を先生がストップ!と言うまで入れます。

それでも、結構な息がいります。

今回ワタクシは、色は付けずに気泡を入れたいとお願いしました。

気泡を作るには、重曹を溶かした物を先程少し膨らましたガラスに掛けます。

DSC_0689_convert_20120403162456.jpg

注射器に入った重曹をチューっと。

DSC_0569_convert_20120403161622.jpg


その後、ガラスが溶けている炉にもう一度つっこみガラスを巻き取ります。

そして、また少し息をいれ膨らます。

温度が下がってきたら、温め様の炉に行き加工できる柔らかさになるまで温める。

DSC_0575_convert_20120403161748.jpg


コレを数回繰り返します。

今回またまたお願いで、外見をツルっとぢゃなくてゴツゴツしたかんぢにしたいのですが・・・。と言ったところ、できますよ(・∀・)と言ってくれて、手順を教えていただきました。

道具の先でガラスをボコボコ押していきます。


DSC_0573_convert_20120403161701.jpg

こうやって凹凸をつけるんだぁΣ(・▽・;)

任意の凹凸になったらまた息を入れたり炉に温めにいったり・・・。


結構膨らんできました。

DSC_0703_convert_20120403162618.jpg


大きさがオッケィになったら、今度は高さです。

振り子のように棒を左右に振り、その力で自然にガラスを垂れさせます。

11___convert_20120403160907.jpg


また少し吹きますよ(* ̄ω ̄).。oO

12___convert_20120403160943.jpg


この続きは後編へ・・・!(;≧▽≦)ノ







スポンサーサイト
  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。