スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

攻めの向こう側

なんで、3月に吹雪くのだ!!


前回書いた窯出しを今日してまいりました。

全貌は・・・。




あれ? アレレレΣ(゚д゚lll)?




はい(~_~;) バッキバキに冷め割れです。
窯が冷めて行く時に割れる現象です。

気を取り直して、その他の物を。

ウニ風船トリオ。



イガイガです。 中身は金ピカでっす。



薄々風船シリーズ。



まだ水漏れチェックはしておりませんが、きっと漏れるので漏れ防止剤を発注しようと思います-_-b

続いて一輪挿しシリーズ。



縦型が思いの他金ピカに(^^;;
お仏壇用みたいっす。
今回全部同じ釉薬を掛けたんですがねぇ~・・・。

お次はマグ。面取り2個。



湯呑とカップ。



湯呑。



カップ類の中身がみんな白いのは、墨貫入をしようと思ったので貫入釉薬を掛けました。
墨貫入とはピキピキと皹が入る釉薬を掛け、出来た皹に墨汁を流し入れ皹を黒に染めます。

こんなんです。



で、墨貫入にするには手などの油分が着いていると弾かれてしまって入りませんので一回目洗った方が良いですよと、田中先生がおっしゃったので洗ったんですが・・・。

6個中、3個が木っ端微塵に(。-_-。)

残り3個も形は留めておりますが、外にまで到達している皹が入り墨汁が滲み出てきてしまっています。



今週と来週に、金継ぎと言う漆と金を使って割れたり欠けたりした陶器を治す講座に行くので、練習台がたんまりできたと、プラスに思いましょうヽ(;▽;)ノ

暫く墨を塗った状態で放置し、洗い流し継いだらまた載せます。

最後に抹茶茶碗。



カップは全滅でしたが、1番試したかった風船作りが上手くいったので、年末から失敗続きで今年に入って触りもしなかった、デカいサイズの風船ちゃんに再度チャレンジしていきまっす!!

ウニ風船トリオには、多肉植物を植えてみました。




お勉強すべき点がてんこ盛りの窯出しでしたが、今までで1番楽しみが詰まった窯出しでした。


おつかれさまでしたぁ~♪( ´θ`)ノ
スポンサーサイト
  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。