スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陶板

吉野は今朝吹雪でしたよ。
春は、どこで足踏みしてらっしゃるのでしょう?

昨夜遅くから吉野に乗り込み、ガタガタ震えながらコタツで寝てしまいました(~_~;)

喜一(先生)に、一年遅れの還暦祝い。
赤いベストを編むのはじゃんくさかったので、ニット帽。



「派手過ぎるわぁ~~っ」とか言いつつ、すぐさまトイレに行き鏡チェック。
皆に似合うと言われ、まんざらでもなさそうでした♪( ´θ`)ノ

お高い食パンも手土産で渡したので、率先してシッタをロクロに取り付けてくれます(#^.^#)



連日削り倒したカップを預け、素焼きしてもらいます。

そして、マシーンを調節して・・・。



この粘土の塊を・・・。



マシーンに置き・・・。



スイッチオーン!すると・・・。



ニュルニュルと、厚みが均一な粘土の板が出てきます。


お母ぁ~さぁ~ん!今朝ワタクシの部屋に掃除で入った時に、「やっとアホみたいにあった粘土やら板やら発泡スチロールやらなくなって、掃除機かけやすいわぁ~♪( ´θ`)ノ」って、思ったでしょう!

残念でしたぁ~。
もうすぐ娘は、バカデカい粘土の板を担いで帰りますよぉ~♪( ´θ`)ノ

お父ぉ~さぁ~ん!
わしゃ関係ないわ♪( ´θ`)ノと思ってポンやりしとったらアカンよぉ~!
なんと、四月の貴殿の誕生日に娘はコレをお見舞いする気ですよぉ~(=´∀`)人(´∀`=)

この粘土の板が何になって行くかは、またおいおい・・・。
スポンサーサイト
  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。